金利の決まり方

カードローンの金利は限度額(審査による)を元に決定します。
同じ金額を借りた場合でも、限度額の違いによって金利が変わります。

  限度額 借りた金額 金利
Aさん 150万円 10万円 年15%
Bさん 10万円 10万円 年18%

 

専業主婦が借りる時の金利

専業主婦は借入可能額が小さく、金利が高くなってしまいます。

 


金利見方説明
このように表記されていたら、専業主婦には14.6%が適用されます。
金利を比較する時は一番大きい数字(最大金利)を確認してください。

 

カードローン金利比較表

カードローン 専業主婦の借入れの可否 貸付条件の金利表記 専業主婦が借りる時の金利
みずほ銀行カードローン 借入れOK 4.0%〜14.0% 14.0%
セブン銀行カードローン 借入れOK 15.0% 15.0%
じぶん銀行カードローン 借入れOK 3.9%〜17.5% 17.50%(※1)
イオン銀行カードローン 借入れOK 3.8%〜13.8% 13.8%
楽天銀行スーパーローン 借入れOK 4.9%〜14.5% 14.5%
新生銀行カードローン レイク 借入れOK 4.5%〜18.0% 18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 借入れOK 4.6%〜14.6% 14.6%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 借入れOK 6.0%〜18.0% 18.0%
横浜銀行カードローン 借入れOK 1.9%〜14.6% 14.6%
東京スター銀行カードローン 借入れOK 4.5%〜14.6% - (審査による)
住信SBIネット銀行カードローン 借入れ不可 1.99%〜7.99% 7.99%(※1)
オリックス銀行カードローン 借入れ不可 3.0%〜17.8% 12.0%〜17.8%(※2)
モビット 借入れ不可 4.8%〜18.0% 18.0%
アイフル 借入れ不可 4.5%〜18.0% 18.0%
プロミス 借入れ不可 4.5%〜17.8% 17.8%
アコム 借入れ不可 4.7%〜18.0% - (審査による)
ノーローン 借入れ不可 4.9%〜18.0% 18.0%

(※1) 利用できる人を制限しないため、金利に幅がある
(※2) 金利優遇される場合がある→詳細

 

利息計算の仕方

金利が決定すれば毎月の返済額を簡単に計算することができます。
借入れの金融機関がどこであっても計算方法は同じです。

 

計算方法

利息 = 借入残高 × 年利 ÷ 365 × 利用日数

 

(例)10万円を18%の金利で30日間借入れした場合
 借入残高10万円 × 年率18% ÷ 365日 × 利用日数30日 
  =利息1,479円

 

この計算方法を使って利息を比較することができます。

 

金利を支払い利息で比較

  • 10万円を13.8%で借りて10ヶ月で返済 ⇒ 総支払い利息額6,233円
  • 10万円を18.0%で借りて10ヶ月で返済 ⇒ 総支払い利息額8,130円

差額はなんと1,897円!

 

できるだけ金利の低いキャッシング会社で借りるようにしましょう。

カードローン金利の疑問を解決!

 

金利を下げてもらうことはできる?

限度額が上がらない以上、金利が下がることはありません。
消費者金融で申し出れば特例で下げてくれる可能性がありますが、銀行系カードローンでは対応してもらえません。
銀行カードローンははじめから消費者金融より低い金利で貸付をしています。したがって金利の引下げには応じません。

 

金利の優遇

一定の条件を満たしている人であれば限定で金利を優遇してくれるカードローンがあります。

 

じぶん銀行カードローン

スマホや携帯電話をauで契約している方限定で金利を−0.5%引下げ
(じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行と通信会社大手のKDDIの共同出資で設立された銀行で、auがKDDIグループであるため)

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行で住宅ローンを借りている方は金利を−0.5%引下げ

 

金利は変動する?

原則変動することはありません。借入から完済まで固定金利となります。
金融情勢によって見直されることはあるかもしれませんが、月単位・年単位で各借主の金利が変わることはありません。

 

低金利の目的ローンは専業主婦には借りられません

銀行にはカードローン以外に「目的ローン」があります。
とても安い金利で借りられますが、使用可能な用途は限られています。

  • オートローン(マイカーローン)
  • 車を購入するための自動車ローン

  • ソーラーローン
  • 太陽光発電を設置するためのローン

  • 費用ローン
  • 学費や資格取得のための教育ローン・自宅改築のためのリフォームローンなど

  • おまとめローン
  • 数社の借入を一本化するためのローン

 

目的ローンの利用条件

  • 申込者本人の収入
  • 見積書や納付書などの借入目的を証明する書類の提出

 

 

低金利と無利息、どちらを選ぶか

無利息サービスというのは一定期間の利息が0%(実質0円)というサービスです。
何度でも適用されるものではなく、初めての契約時のみ利用可能です。(ノーローンは除く)

 

ただし無利息期間終了後は一般的なカードローンと同じく決められた金利が適用されます。
無利息が適用されている期間に完済すれば、利息は一切かかりません。

 

無利息期間が利用できるカードローン一覧

 

カードローン 無利息の対象金額 無利息期間 無利息期間終了後の金利(限度額30万円のケース)
新生銀行カードローン レイク(※1) 借入金 全額 30日間 18.0%
新生銀行カードローン レイク(※1) 5万円まで 180日間 18.0%
ノーローン 借入金額全額 1週間(※2) 18.0%
アコム 借入金額全額 30日間 18.0%
プロミス 借入金額全額 30日間 17.8%

 

(※1)新生銀行レイクは2種類の無利息があり、選ぶことができます。
(※2)繰り返し利用できます。完済ごとに翌月の借入れが1週間無利息になります。

 

2回目からの借入で無利息期間を利用は、前回の借入を完済した翌月以降から可能になります。

 

無利息と低金利、決め手は完済までの期間

無利息期間サービスのあるキャッシングの最高金利は高めに設定されていることが多く、完済まで時間がかかる場合支払うべき利息も大きくなります。
取引が長くなりそうであれば低金利のカードローンを選びましょう。

時間がかかっても少額ずつ返済したい場合→低金利のカードローン

無利息期間内または、短期間で完済可能な場合→ 無利息キャンペーンのあるカードローン

 

金利でみるカードローンの選び方

  • 借りたい金額を借りた場合の適用金利を比較
  • 返済計画をたててみて無利息か低金利かを選ぶ

 

すぐにでも借りたいなら即日融資可能であることが最優先、金利は第2条件ということもあります。
金利より優先すべき条件がない場合や、即日融資が可能な中から選ぶ時は、金利を確認して選ぶようにしましょう。