どれが総量規制対象外?

守るべき業法が貸金業以外なら総量規制の対象になりません。
総量規制の対象ではないのは都市銀行、地方銀行、農協です。
つまり銀行のカードローンは総量規制対象外なのです。

 

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠利用は総量規制の対象です。
総量規制に関してはカードローンで借りたい専業主婦必見!総量規制とは?を参孝にしてください。

 

総量規制対象外でも専業主婦への融資はできない場合も

総量規制対象外のカードローンというのは、貸し出し先である個人の融資に制限はありません。
ただし、制限がないだけであって貸出は義務ではないため、各銀行が個人の融資をするかどうかや貸出しの条件をそれぞれ定めています
すべての銀行カードローンが専業主婦に融資をしているわけではありません
専業主婦の申込を認めていない金融機関もあり、各銀行ごとに定めた貸出条件は商品概要に書かれています。
銀行カードローンであっても本人に収入がある場合に限っている場合もあるため専業主婦には申込資格がない場合もあります。
また専業主婦への融資の中で限度額を制限している銀行があります。

 

専業主婦が借りられる総量規制対象外のカードローンを専業主婦の借入限度額をつけて一覧にまとめました。

カードローン会社名 総量規制 専業主婦の借入限度額
東京スター銀行カードローン 対象外 限度額指定なし
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 対象外 30万円まで
セブン銀行カードローン 対象外 50万円まで
みずほ銀行カードローンMyWing 対象外 30万円まで
じぶん銀行カードローン 対象外 30万円まで
イオン銀行カードローン 対象外 50万円まで
レイク 対象外 30万円まで
楽天銀行カードローン 対象外 50万円まで
住友銀行カードローン 対象外 限度額指定なし

 

 

そのカードローン、銀行?それとも消費者金融?

消費者金融は総量規制対象なので専業主婦が申込んでも借りることはできません。

 

カードローンの名称だけでは総量規制の対象か対象外かの判断は難しいです。
下記で総量規制対象・対象外の見分け方を紹介します。

 

総量規制対象外カードローンの見分け方

 

1.検索する

商品名で検索してみると、銀行の場合は商品名の前か後ろに銀行名がつきます。
消費者金融だった場合は商品名の前後に消費者金融と記載されています。

 

例 銀行カードローンの場合

・『バンクイック』で検索
バンクイック検索例

 

・『レイク』で検索
レイク検索例

 

例 消費者金融の場合

・『アコム』で検索
アコム検索例

 

・『プロミス』で検索
プロミス検索例

 

2.日本貸金業協会の会員かどうかを確認

消費者金融の場合、日本貸金業協会に加盟しているとホームページに『日本貸金業協会会員第○○○号』と日本貸金業協会の会員番号を記載しています。
多くはホームページの一番下の部分にあります。
会員番号があれば日本貸金業協会に加盟している消費者金融です。

 

例 消費者金融の場合

・アコム公式ページの会員番号表示
アコム会員番号
・プロミス公式ページの会員番号表示
プロミス会員番号

例 銀行カードローンの場合

・三菱東京UFJ銀行公式ページの表示
三菱東京UFJ 表記
三菱東京UFJ銀行には『日本貸金業協会会員第○○○号』の表記はありません。
・新生銀行の公式ページの表示
新生銀行 表記
新生銀行には『日本貸金業協会会員第○○○号』の表記はありません。

 

1と2の両方で確認

1の検索をして確認できなかった場合に2の会員番号を探してみます。

  1. 『レディースキャッシング エレガンス』で検索
  2. カードローン会社のレディースキャッシングエレガンスは検索しても消費者金融とは書いてありません。
    エレガンス検索

  3. 会員番号を探す
  4. サイトの一番下に『日本貸金業協会会員第000038号』と記載されています。
    エレガンス表記

2つの方法で順に調べることでレディースキャッシングエレガンスが消費者金融であることがわかります。