審査に落ちてしまった…
でも一生借りられないと決まったわけではありません。
申込先を変更すれば通るかもしれません。
審査落ちの原因がなくなれば借りられるかもしれません。

 

まず次の申込をする前に、審査落ち後にやってはいけないことを説明します。

審査落ち後すぐは要注意!

すぐに他社へ申込むのはNG

審査に落ちた事は個人信用情報機関に記録されます。
その後他社に申込んでも、その前に審査落ちしていることがわかってしまうので不利です。
すぐに申込むことでお金に困っていると判断されかねませんので気をつけてください。

 

次の申込時期

最短で半年、できれば1年は新たに申込まないようにしましょう。
待つ間にできることを次に紹介します。

 

新規申込みで審査に通過しやすくするために

新規申込にも審査に通るためのポイントがあります。

 

次回の新規借入時の解決ポイント

  • 申込可能のカードローンに申込む
  • 専業主婦ならば銀行カードローンに申込む必要があります。

     

  • 入力時にミスをしない
  • 連絡先の入力ミスの場合は連絡が来なくなります。
    必ずミスがないか確認しましょう。

     

  • 絶対に嘘はだめ
  • 嘘をついても隠すことはできません。
    申告は正しくしましょう。

     

  • 借入希望金額を減らす
  • 借入金額が多いよりも少ないほうが審査に通りやすくなります。
    多めに借りようとせず、最低限にしましょう。

     

  • 借入件数を減らす
  • 完済できるもの場合は完済しておきましょう。
    完済できない場合でも借入金額を少しでも減らすようにしましょう。

 

時間による解決ポイント

事故歴は信用情報に載ってから保存される期間が決まっています。
事故解決後から一定期間が過ぎれば消えるのでそれを待ちます。

 

個人信用情報機関に自分の個人情報を開示請求することができるので、事故歴が消えているかを確認してから新規申込をします。

改善が難しいこと

職業や年収を変更したり、賃貸をやめ持ち家にするなどの「属性」の変更は簡単ではありません。
改善できるに越した事はありませんが、難しい場合は「次回の新規借入時の解決ポイント」で信用を挽回できるように努めましょう。

審査落ち…考えられる理由とは

前回審査に落ちた理由がわかれば改善しやすいと思いませんか?
しかし審査の内容や審査に落ちる理由などを知る事はできません
公平を期すために非公開となっているためです。

 

とはいえ審査に通らなかった原因を考えることはできます。
単純な入力ミス、問題のある申告内容(直接的な理由)、そして年齢や職業などの「属性」と呼ばれるもの。
それぞれに例を挙げます。

 

審査落ちの理由として考えられること

入力ミス

メールアドレスや電話番号など、入力ミスがあった場合は、たとえ1文字であったとしても不備として扱われます。
「@」や「.(ドット)」が抜けているなどの明らかなミスでもカードローン会社側で修正してくれることはありません。

 

嘘の申請

配偶者の、現在は退職している以前の勤務先や年収を偽って申告するなどです。
嘘は悪質だとされ、以後の審査に影響します。

 

申込み資格がない

消費者金融には収入の無い専業主婦が申し込むことはできません。
そもそも資格がないため、当然却下されます。

 

返済の遅延・滞納

他社でのカードローン返済やクレジットカードの支払いなどの延滞を繰り返していると、社会的信用が無い、返済能力が無いとみなされます。
借入の審査では個人信用情報機関の記録が照会されます。延滞や滞納の記録がある人は審査に通りにくくなります。

 

債務整理歴

債務整理というのは、約束通りの返済ができなかったとみなされ、信用を失います。
任意整理であればは約5年、自己破産であれば約10年間記録が残ると言われています。
その間は融資を受ける事はできません。

 

クレジットヒストリーがない

クレジットカードの使用履歴がない場合、過去の債務整理によって使用できなかったのではないかと考えられることがあります。

 

属性による影響

 

審査では属性をチェックします。
属性は不利になるだけではなく、有利になるポイントもあります。

 

属性でみているポイント

年齢

30代〜40代が働き盛りという理由で望ましいとされます。
そのため20代よりも30代が有利だといわれています。

 

家族構成

既婚者は未婚に比べて社会的責任を追っていると考えられ、審査での属性が高い(信用力が高い)とされます。
しかし子どもや扶養家族が多い場合、出費が多く返済能力に関して不安があると思われることもあります。

 

住居の種類について

マンションよりは一戸建て、賃貸よりは持ち家が有利だとされます。
特定の会社の社員しか住めない社宅も属性が高いといわれています。

 

居住年数

賃貸であっても長く住むほど滞り無く家賃を払っていると考えられ、有利とされます。
新しい住居に入居したばかりだと家賃を支払った実績も無く、不利になる場合があります。

 

連絡先

連絡先に固定電話の番号を持っていると身元がはっきりしているという理由で有利になります。
携帯電話にはプリペイドなどもあり、信用度が低く評価される可能性があるのです。

 

職種・勤務先・雇用形態

公務員などは安定していると判断される職業は審査に有利です。
契約社員・パートなどの非正規雇用に比べて正社員は収入が安定しているとみなされ、高評価を得られます。
職種や雇用形態では収入の安定性もチェックしています。

 

勤続年数や年収

勤続年数が長くなると会社での地位もあり、安定収入があるとみなされます。
しかし安定収入があっても低すぎると返済能力に不安があると考えられる場合があります。

 

加入の健康保険

公務員の共済保険、会社員の場合だと社会保険、組合保険、自営業者では国民健康保険など、保険の種類であるていど職業が判断されるので制度がしっかりしている保険に加入しているほど有利です。
保険に未加入だと、保険料の支払いができないのだと判断され不利になります。

 

他社での借入

他社での借入があれば、その借入残高も審査に影響します。
過去に借入があったとしても現在の借入がゼロの状態であることが望ましいです。

 

複数社に同時申込みをする

短い期間に複数社に申し込むと、かなりお金に困っていると考えられブラックになります。