カードローンの無利息期間を理解してお得に借りよう!

お金を工面するにあたって、カードローンを検討されている方は、どのサービス内容が一番自分に合っているか、得する内容になっているかを、インターネットなどで情報を収集して比較検討されていると思います。

 

借りられる金額や金利はもちろん、契約手続きが簡単か、など様々な要素がありますが、最近では「初回利用者に限り30日間無利息!」「条件を満たせば再度無利息期間適用!!」なんていう宣伝文句を見かけるので、余計に迷ってしまう方も。

 

わかりやすく説明します!

カードローンの無利息期間は開始日に違いがある

カードローンの無利息期間の開始日はカードローンによって「契約日」の翌日か「初回借入日」の翌日の2パターンがあります。

 

カードローン会社名 区分 無利息の内容 期間
愛媛銀行ひめぎんクイックカードローン 銀行 30日間利息ゼロ 初回契約翌日から30日間
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 銀行 30日間利息ゼロ 初回利用翌日から30日間
プロミス 消費者金融

 

30日間利息ゼロ

初回利用翌日から30日間
アコム 消費者金融 30日間利息ゼロ 初回契約翌日から30日間
ノーローン

 

消費者金融

7日間利息ゼロ

借入日翌日から7日間、
完済日翌月以降の次の借入日から7日間

例えば契約日から30日間の場合、基本的に契約したらすぐ利用しないと気が付いたら期間を過ぎていたり、短くなってしまっていることもあるので気を付けましょう。
契約日の翌日から無利息期間がスタートする場合は、お金が必要な日に契約をするほうが、無利息期間をフルに活用することができます。

 

無利息期間の開始日が初回借入日の翌日の場合は契約と借入日の差によって無利息期間に変更がありません。
そのため、いつでも借りられるように予め契約まで済ませておき、実際に借りる時から無利息期間を利用することができます。

 

無利息期間中は、基本的に利用限度額の範囲内であれば、追加で借入をしても利息はもちろん付きません。
ただし、無利息の元本は5万円まで、などの条件がある場合は、限度額の範囲ではなくその金額の条件に従う形になります。

カードローンの無利息期間中の返済

カードローンの無利息期間中であっても、返済日(約定日)が来れば、返済をしなければなりません。
この時の支払金額はもちろん無利息なのですべて元金に充当されます。

 

もし、無利息期間中の返済日を忘れて返済が滞った場合、翌日から利息が発生し、無利息期間は終了してしまう上に、遅延損害金も請求されることになりますので、十分注意しましょう。

カードローンの無利息期間が終わったら?

カードローンの無利息期間が過ぎれば、当然翌日から借入した元本の残りの残高に対して利息が発生する形になります。

 

以降は通常通り返済していくことになりますが、最初の無利息期間があったことにより、元金の返済が通常より早いので、返済期間が短くなり、結果的には利息を抑えることにつながるので、上手に活用すればお得なサービスと言えます。

 

また、無利息期間は各カードローン会社によって対象になる金額や回数、期間が違います。

 

使う金額に5万円までという制限があっても無利息期間の長いものや、期間は短くても完済すれば何度でも無利息期間を利用できるカードローン(ノーローン・消費者金融)などもあります。

 

どのサービスを利用するか期間そのもの以上に、自分がどんなふうにお金を使うかによって検討すると良いでしょう。

 

ただし、せっかく無利息で借りられても、返済の方法に注意しないとATM手数料などの金額を支払う羽目になります。
カードローンの無利息期間の利用で得できるように借入するには、借りる際から返済の予定を考えることが大切です。