カードローンの審査基準は非公開

審査基準を比較してカードローンを選ぶことはできません。
お金を借りたいけど専業主婦であることで審査の甘いカードローンを探しているなら、それは見つけることができません。

 

審査基準の情報は一般利用者には公開されていないからです。
そのため、もし審査に通過できなかった場合もカードローン会社では審査落ちの理由は教えてくれません。

 

審査の甘いカードローンを探す必要はない

審査基準は公開されておらず、比べることはできないため、審査の甘いカードローンはないと言えます。
融資OKのカードローンでも、専業主婦だから審査を厳しくするといったことはありません。

 

審査の甘いカードローンを探すのではなく、専業主婦でも借りられるカードローンを選ぶには別のポイントがあります。

カードローンの総支払額を抑えたいなら一括返済がおすすめ!

キャッシングサービスを利用してお金を借りると、多くの場合、返済がリボ払いと呼ばれるリボルビング払いに分類されます。
利息の計算方法や細かい部分はそれぞれその業者ごとに異なりますが、確実に言えることは借りている期間が長いほど余計にお金がかかるということです。

 

カードローンの返済方法で多く採用されているのが残高スライドリボルビング方式。
元金に対して利息を計算して支払う方式です。

 

回数を重ねれば元金が減っていき、その元金に課せられた金利分の支払利息も減り、返済する元金も増えていきます。
借りている残高により、返済額がスライドします。

 

毎月の返済額は残高によって定額で、残高にかかる利息を計算し、返済額から利息を引いた金額が元金の返済分となります。

 

カードローンの利息額

カードローンの利息の計算例として、毎月最低返済額だけの支払いの場合で利息を考えてみます。

 

例えば年利18%で10万円を借りて毎月定額で5千円ずつ返済するとします。
毎月払う5千円の内訳は、利息額(概算で利用残高×0.18÷12)の残りが元金にあたるという形になります。

 

この場合、返済終了までの期間にかかる利息額の合計は19,772円となります。

 

より大きな金額を借りていればもちろん、さらに最低返済額が小さければ小さいほど返済期間は長くなり、支払わなければならない利息総額は増えます。

 

急な出費で借りたものの翌月には返せる場合は、ただ請求額通りに払い続けるのではなく、早く返してしまうというのも一つの賢い方法といえるでしょう。

 

カードローンの通常返済と一括返済をした時との差

今回の場合、もし年利(固定金利)18%で10万円を借りて、2回目の返済の時に残りを一括返済した場合にかかる利息額の合計は、2,947円。

 

一括返済しなかった場合(最低返済額通りに返済した場合)の利息額の合計は19,772円と比べると、その差は16,825円にもなります。

 

返済できる状態なのに契約通りの金額で返し続けていると、より利息を多く支払うことになります。

 

 

 

一括返済でなくても、最低返済額より多めに払っていけば予定より早く返済が終わるので、やはり支払う利息額は少なくなる計算になります。

 

これなら、余裕があるときに返してしまうのが一番良いはず。

 

では、どうやったら一括返済ができるのでしょう?

カードローンの一括返済の方法

借り入れに使ったATMでも臨時返済は可能です。

 

しかし、一括返済の際は注意が必要です。

 

ローンカードを利用して、借入金融機関専用の自社ATMでは硬貨も対応している場合もありますが、コンビニなどの提携ATMでは硬貨を使って1000円未満の数円単位までの返済ができません。

 

硬貨対応の専用ATMではない場合には最低でも千円単位の入金しかできないので、利息によって端数が出るような一括返済には向いていません。

 

端数まで一度に支払える方法のひとつとしては、キャッシング会社の窓口での精算で、金額を確認して支払うことです。
確実に金額を支払えるのですが、店舗まで足を運ばなければなりません。

 

最寄りに店舗がない方や、なかなか営業時間内に店舗へ行けない方は、返済専用口座へ振り込みをすることができます。

 

会員専用ホームページやコールセンターなどで振込口座、さらには返済するべき金額も確認が可能です。
利息を日割りで計算して一括返済額が算出されるので、返済する日によって変わるためです。

 

店舗に行かずに口座へ振込返済をする場合や、専用ATMで返済する場合は必ず、返済日当日時点の返済金額の確認が重要です。

 

臨時返済や一括返済を賢く使って、キャッシングサービスをさらに有効に利用しましょう。

カードローン一括返済後も契約は残っている

全額返済し終わったあとも、カードローンの契約は続いているため、手元に残ったローンカードはいつでも使えます。
カードローンの契約は自動更新のため、解約を申し出ない限りいつでも使える状態となります。

 

借入残高はゼロでも、借りられる契約をしている状態が続くため、他のローン申込時に他社でお金を借りられる枠を持っていると判断されて、ローン審査が不利になる可能性があります。

 

もし今後借りることがないのであれば、カードローンを解約する方がいいでしょう。

 

一旦解約すると次回借りるときはまた1からの申込み・審査となること、ローンカードを持っていても手数料はかからないことから、必ずしも解約する必要はないとも言えます。