専業主婦のカードローン選びの基本:銀行カードローンを選ぶ

専業主婦のカードローン申込は銀行カードローンのみ。

 

消費者金融は貸金業法の制限で申込資格がないので要注意です。
銀行には地方銀行や信用金庫もありますが、都市銀行の方がサービスが良い傾向にあります。

 

即日融資までの契約時間に余裕がある、申し込みから契約までが来店不要でATMも多く、コンビニ提携ATMも手数料無料で利用できることも多いのもメリットです。
大手都市銀行の中から選ぶようにしましょう。

専業主婦のカードローン選びの基本:目的別で選ぶ

  • できるだけ多く借りたい
  • 今日中に借りたい(即日融資希望)
  • 返済をきちんとできるかどうか心配

この3つのポイントで、まずは最も重視する、譲れない条件を1つ選びます。

 

専業主婦のカードローン選びの条件

 

2つ3つある場合でも、最初に1つ選んでください。
その1つを基準に選び方を考えていきましょう。

 

カードローンでできるだけ多く借りたい場合

専業主婦のカードローン限度額は3タイプ。
30万円まで・50万円まで・制限なしの3種類が大半となります。

 

制限なしは最初から○万円までなど上限金額の決まりがなく、申込時に希望額が申請できるタイプです。
表向きには300万円や500万円など、そのカードローンの最高融資額まで申請可能です。

 

しかし実質無職(本人の収入0)の専業主婦が多額のお金を借りることは難しく、他行と足並みを揃えて最高でも50万円程度と考えられています。

 

もしも配偶者の年収が高く、属性も申し分ないという場合は50万円以上もあり得ますが、サラリーマンでも初回借入時には『まずは50万円から』が一般的です。
この場合も30万円〜50万円程度と考えて下さい。

 

今日中に借りたい場合

即日融資が希望の場合は、申込銀行に口座を持っているか・何時に申込み、契約完了ができるか・自動契約機(無人契約機)があるかなど、いくつか満たさなければいけない条件があります。
1つでも条件を満たしていなければ借りられないこともあり、できるだけ早い時間の申し込みが必要です。

 

当然ですが、審査があります。
そして審査時に状況次第ではありますが、時間がかかることあります。

 

申込先の審査状況が混み合っている場合や、確認事項がある場合など、審査に時間がかかるケースは一つではありません。

 

午前中に申込みできる場合は、当日融資(即日融資)できる可能性があります。

 

カードローンの返済がきちんとできるかどうか心配

金利を重視し、金利の低いカードローンを選びましょう。

 

例えば、横浜銀行カードローンの金利は年1.9%〜14.6%。
この1.9%が『下限金利』、14.6%が『上限金利』です。

 

カードローンの金利は契約者の限度額が高い人の方が、最低金利で借りられるので、無収入の専業主婦は限度額が少ないために最高金利で借りることになります。
上限金額(金利の後ろの数字)が小さいカードローンの方が、毎月の利息が安くなります。

 

上限金利の数字が小さいカードローンを選んでください。

 

無利息カードローンはお得なの?

カードローンの中には無利息期間があるものがあり、初めて申込む人のみ利用できます。
借りた金額の全額を30日間無利息にしてもらえるなど期間が決まっています。

 

無利息期間 = 利息がタダとなりますが、お得感はありますが期間中に返済日が来たときは元本は返済しなければなりません。
また、期間終了後からは通常の利息がかかるので、取引が長くなる場合は要注意です。

 

無利息と取引期間の関係

カードローンの無利息は無利息期間が終了すると最初に契約した金利が適用されます。

 

例えば、無利息期間のあるカードローンの通常の金利が18.0%とします。

 

イオン銀行カードローンなら13.8%、その差は4.2%となります。
単純に20万円を30日間借りた場合の利息は以下の通りです。

  • 無利息期間のあるカードローン:2,959円
  • イオン銀行カードローンBIG:2,268円

その差は691円、残高が少なくなれば利息も少なくなっていきますが、低金利な方が利息が安いことには代わりません。

条件別専業主婦のカードローン選び方の参考例

こちらでは、それぞれの選び方を基準とした専業主婦におすすめのカードローン会社を紹介します。
参考にして下さい。

 

カードローンでできるだけ多く借りたい・返済が心配な方に

50万円まで借りられる・専業主婦の限度額に制限なしのカードローンです。

 

カードローン会社名 専業主婦の限度額 専業主婦の実質年率(金利)
東京スター銀行カードローン 制限なし(審査で決まる) 14.6%
イオン銀行カードローン 50万円まで 13.8%
セブン銀行カードローン 50万円まで 15.0%

多く借りるということは、必然的に借入残高にかかる利息も多くなるため、限度額が大きく借りられるカードローンの中から金利の低い銀行を選ぶ必要があります。
専業主婦でも借りられるローンの中でも、金利に上下があるので比べて少しでも返済の負担を少なくできるように選ぶ時点で工夫しましょう。

 

また、利用目的が明らかで金額が決まっている場合は、その決まっている金額だけの借入に留めることが重要です。

 

返済でいるか心配な方は、どのくらいで完済できるかが重要。
低金利カードローンを選ぶことに越したことはありませんが、旦那の給料日までのつなぎなど、比較的短期間で返せるのであれば、金利より他の条件の優先もいいですね。

 

今日中に借りたい方におすすめ

口座がなくてもOK、無人契約機(テレビ窓口)で夜間でも借入可能なカードローンを選びましょう。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックのテレビ窓口の営業時間は以下の通りです。

バンクイックのテレビ窓口営業時間

※バンクイックは本人確認書類が運転免許証のみでテレビ窓口利用の場合に即日融資が可能です。
免許証がない方は即日融資が利用できません。

 

その他口座なしでも即日融資OKのカードローンもありますが、申し込み時間・契約時間の制約があります。
無人契約機(テレビ窓口)がある三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック・三井住友銀行カードローンをおすすめします。