申込み前に用意しておこう!カードローン申込みの必要書類

融資を受けるための契約時、必要書類はいくつかありますが、用意できるもの1つでOK。
今はどの銀行カードローンでもキャッシングの審査時間は最短30分程度。

 

申込の時点では用意していなくても構いませんが、契約時には必要です。

 

カードローン申込みの必要書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証(社会保険証・国民健康保険証など)
  • パスポート
  • 特別永住者証明書または在留カード(外国籍の方)

※すべて有効期限内のものであること

 

一番良いとされているのは運転免許証です。
免許証は顔写真と現住所・生年月日も記載があるので、最も信用できる本人確認書類とされています。

 

健康保険証は保険証の裏面にある住所の欄に現住所を、パスポートなら所持人記入欄に名前・住所・電話番号を記入してください。
どちらも発行時は空白、記入がなくても問題なく使えますが、カードローンの本人確認書類として提出するなら未記入では認められません。

 

カードローン申込み時に現住所と提出書類の住所が違う場合

カードローン申込み時に現住所と提出書類の住所が違う場合

 

引越しなどで運転免許証や健康保険証の住所変更の手続きが間に合っていない場合は要注意です。

 

  • 印鑑証明書または住民票の写し
  • ガス、電気、水道、NHKなど公共料金の領収書

基本の必要書類の提出に追加で、現住所に住んでいることを証明するために上記の書類が必要になります。

専業主婦のカードローン申込みに収入証明書は不要

収入証明書(所得証明書)は『本人の収入がいくらあるのかを証明するもの』ですので、無収入の主婦の収入証明書は存在しません。
最初からないので、提出不要なのです。

 

もう1つの理由として、『収入証明書しなけばいけないほど借りられない』のです。

 

カードローンのキャッシングで収入証明書提出が必要な金額

各キャッシング会社では利用限度額により収入証明書の提出が義務づけられています。

 

提出が必要なのは銀行カードローンでは100万円以上や300万円以上が一般的、専業主婦の限度額は30万円〜50万円まで。
借入限度額に制限のある専業主婦は、そこまでの金額を借りることができませんので提出不要となります。

 

カードローン会社名 専業主婦の利用限度額 収入証明書提出が必要な希望限度額
みずほ銀行カードローン 30万円まで 200万円以上
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
30万円まで 100万円以上
イオン銀行カードローン 50万円まで 300万円以上
東京スター銀行カードローン 設定なし(※1) 300万円以上
オリックス銀行カードローン −(専業主婦申込み不可) 300万円以上
楽天銀行スーパーローン 50万円まで 300万円以上
セブン銀行カードローン 50万円まで −(※2)

※1:希望金額を申請できる、他行とのバランスを考え30万円〜50万円の間と考えられる
※2:専業主婦でなくても50万円までしか借りられないので収入証明書の提出は必要なし

 

カードローン申込み時に旦那の収入証明書を提出したら審査で有利になる?

なりません。
利用可能枠が提出不要とされる金額内であれば、家族がカードローン申込に同意してるので収入証明書を提出できますと申し出ても、断られます。

 

あくまで高額なキャッシング枠を希望する場合のみの提出となります。

専業主婦がカードロ−ン申込み時に配偶者の同意書は必要なし

専業主婦がカードローン申込み時配偶者の同意書は必要なし

総量規制対象外で専業主婦でも借りられる銀行カードローンに配偶者の同意書は不要!

 

カードローンは原則信用貸し。
審査で返済能力があるかどうかを見極め、貸すか貸さないかを決めています。

 

信用情報を確認し、『この人ならきちんと返してくれるだろう、カードローン利用限度額は○万円としよう』と回答を出します。
仮に主婦が「主人は申し込みに同意しています。同意書を提出しますからお願いします。」と申し出ても意味はありません。

 

貸してもらえるか、いくら借りられるかは審査結果次第なので、同意書は必要ありません。

 

専業主婦がカードロ−ン申込み時に配偶者の同意書は必要な場合とは?

専業主婦でも借りれる消費者金融の場合、配偶者貸付を利用したものになります。

 

申し込み時の必要書類として配偶者の同意書・住民票又は戸籍抄本などで借入れの金額によっては配偶者の収入証明書が必要になってきます。

 

ただ大手の消費者金融会社は配偶者貸付を行っていない所が多く総量規制の関係上専業主婦が借りるのは無理です。
中堅中小の消費者金融会社では取り扱ってるところもありますが玉石混淆なので下調べをしっかりすることをお勧めします。


カードローンの必要書類提出方法

ネット契約ならスマホのカメラで書類の写真を撮影しメールに添付できます。

 

コピーをする手間もかからず簡単です。

 

 

 

ネット契約ならスマホのカメラで書類の写真を撮影しメールに添付できます。

 

コピーをする手間もかからず簡単です。

 

以下のの画像は不備として撮り直し・送り直しを求められます。

  • 画像がぼやけてて文字がはっきりしない
  • 画像が小さすぎる・大きすぎで全部写っていない
  • 全体的に画面が暗い
  • 明るすぎて光の筋が入っている
  • 指で一部が隠れてしまっている

これらはNGです。

 

画像はスマホを横向きにして、書類全体に上下左右に少し余白がある程度で撮影して下さい。

カードローン申込みに手数料はかからない

申し込み・手続きに手数料はかかりません。
完全に無料です。

 

カードローンには契約期間があり、基本的には自動更新となりますが、この更新時にも手数料がかかることはありません。
契約期間はは各銀行ローンによって異なります。

1年毎の自動更新 3年毎の自動更新

・みずほ銀行カードローン
・三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
・イオン銀行カードローン
・東京スター銀行カードローン
・オリックス銀行カードローン
・楽天銀行スーパーローン
・セブン銀行カードローン

・ジャパンネット銀行ネットキャッシング

カードローンの利用がなく、ローンカードを持っている状態でも手数料はかかりません。

 

カードローンの借入・返済の手数料

ローン会社から融資を受けるときに、お金を『どこから受け取るのか』返済を『どこから返すのか』で手数料に違いがあります。
基本的に自社ATMや提携ATMを使えば手数料はかかりません。

 

カードローン会社名 手数料無料のATM(※1) その他ATM手数料(※2)
みずほ銀行カードローン ・自社ATM・セブン銀行ATM・ローソンATM(ローソンATMマークがあるもの) 108円(216円)
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック ・自社ATM・セブン銀行ATM・ローソンATM(ローソンATMマークがあるもの) 108円(216円)
イオン銀行カードローン ・自社ATM・みずほ銀行ATM・三菱東京UFJ銀行ATM(借入のみ無料、返済での利用不可) 108円(216円)
東京スター銀行カードローン カードローンタイプ・自社ATM・ゆうちょ銀行(返済のみ無料)ネットローンタイプ利用するネットバンキングの条件に準ずる カードローンタイプ108円(216円)ネットローンタイプ利用するネットバンキングの条件に準ずる
楽天銀行スーパーローン ・三井住友銀行ATM・みずほ銀行ATM・セブン銀行ATM・イオン銀行ATM・E-net ATM(ファミリーマートなどE-netマークがあるもの)・ローソンATM(ローソンATMマークがあるもの) 108円(216円)
セブン銀行カードローン セブン銀行ATMのみ セブン銀行ATM以外利用不可

※1:夜間など時間外利用時に手数料が必要になる場合があります
※2:基本の手数料が108円、時間外手数料が216円