選べる返済方法

カードローンの返済にはいくつかの方法があります。
自由に選択できる場合もありますがどの方法で返済するかはカードローン会社で定められている場合もあります。
返済方法にも注目してカードローン会社を選べば自分にあった返済方式を選んで契約できます。

 

返済方法 説明 メリット・注意点 補足
口座振替 普通預金口座からの自動引き落としによる返済方法。 残高不足の場合引き落としができないため指定の期日の残高に注意が必要。 ローン申し込み時に(申し込み先の)銀行の口座を持っている事が条件になっている場合、返済方法は口座振替指定のことが多い。

口座振替のカードローン
・東京スターカードローン
・みずほ銀行カードローン
・イオン銀行カードローン
・セブン銀行カードローン

ATMからの返済【自社ATM】 銀行内にあるATMや商業施設に設置されている銀行の店舗外ATMを利用する方法。 ・自社ATMからの振込に限り手数料が無料になる場合あり

・硬貨も使用でき、1円単位きっちり振り込むことが可能

 
ATMからの返済【提携ATM】 コンビニにあるATMを利用する方法。 ・自社専用ではないため手数料がかかる場合がある

・硬貨の使用不可

 
銀行振り込み 返済用の指定口座に振り込む返済方法。 振り込み手数料が別途必要 コンビニが近くにない場合など以外メリットはない。
web返済 PCやスマホなどを使ってインターネットバンキングやテレホンバンキングで返済する方法。 利用する口座によっては手数料不要 インターネットバンキングに対応した口座を持っていることが必要。
店頭窓口 利用しているカードローン会社の窓口に直接出向き、現金で支払う返済方法。

・ほとんどの銀行カードローンではこの方法はとられていない
・提携ATMからの返済がほとんどなのであまり利用されない

店頭窓口の返済が利用されているのは消費者金融がほとんど。大抵の返済は提携ATMからなのであまり利用されない

 

 

返済方式について

返済方法は返済金額をどのような手段で支払うかを言い、返済方式は返済金額と利息をどの方法で算出し返済していくかを言います。

 

一般的に「残高スライド元金定額リボルビング方式」によって毎月の返済金額が計算されます。
口座振替を利用する場合はほぼこの方式が採用されています。
コンビニなどの提携ATMを利用する場合、「残高スライド元利定額リボルビング方式」による返済も可能です。
(※詳しくはページ下の『専門用語集』でも説明しています。)

 

カードローン会社名 返済方式
三菱東京UFJ銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式
東京スターカードローン 残高スライドリボルビング方式
セブン銀行カードローン 元加返済方式
じぶん銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式
イオン銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式
レイク 残高スライドリボルビング方式
みずほ銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式

カードローンの毎月の返済額

約定返済金額

約定返済金額とは毎月の決まった返済額のことです。
残高が10万円は3,000円、10万円以上で20万円は5,000円というように、各会社により違いはありますがたいていは利用残高によって決まります

 

『レイク』(新生銀行運営)を例に残高と約定返済額の増え方を見てみましょう。

 

残高と返済金額(レイク)

借入残高 約定返済金額
1円 〜 10万円 3,000円
10万1円 〜 20万円 5,000円
20万1円 〜 30万円 7,000円
30万1円 〜 40万円 9,000円
40万1円 〜 50万円 12,000円
50万1円 〜 60万円 15,000円
60万1円 〜 70万円 18,000円
70万1円 〜 80万円 20,000円
80万1円 〜 90万円 23,000円
90万1円 〜 99万999円 25,000円

(※年率18%で借りた場合)

 

最小返済額はカードローン会社によって変わる

カードローンでは各社で毎月の最小返済額が決まっています
各社による借入残高が30万円の最小返済額は以下のようになっています。

 

カードローン会社名 1円〜10万円 10万1円〜20万円 20万1円〜30万円
東京スターカードローン カードローン:5,000円

ネットローン(カード発行なし):10,000円

カードローン:5,000円

ネットローン(カード発行なし):10,000円

カードローン:5,000円

ネットローン(カード発行なし):10,000円

三菱東京UFJ銀行カードローン 2,000円 4,000円 6,000円
セブン銀行カードローン 5,000円 5,000円 10,000円
みずほ銀行カードローン 10,000円 10,000円 10,000円
じぶん銀行カードローン 2,000円 4,000円 6,000円
イオン銀行カードローン 3,000円 5,000円 5,000円
レイク 3,000円 5,000円 7,000円

返済期日にも違いがある

返済方法にもいくつかあるように返済期日も各社によって違いがあります。
いくつかある中から選べることもあります。

 

自由に選ぶ

希望の返済日を契約時に設定する方法です。
この場合、後からの変更にも対応してもらえます。

約定返済日

金融機関側が定めた期日に返済する方法です。
毎月15日、月末などいくつかの選択肢の中から選ぶ場合と
指定の返済期日が決まっている場合とがあります。
後者の場合期日の変更はできません。

35日以内の返済という方法

決まった返済期日を設けず、前回の返済から35日以内に支払うという方法です。
そのため毎回返済期日が変わります。

 

返済日一覧

カードローン会社名 返済日を自分で選べる 約定返済日から選ぶ 35日ごとに返済する
東京スターカードローン ・カードローン:毎月4日指定

・ネットローン(カードの発行なし):毎月5日指定

三菱東京UFJ銀行カードローン
セブン銀行カードローン 毎月27日指定
みずほ銀行カードローン 毎月27日指定
じぶん銀行カードローン
イオン銀行カードローン 毎月7日指定
レイク

(−:設定がないため選択不可)

 

例えば返済方法で口座引き落としを選んだ場合、給与などの定期収入後に(必要であれば引き落とし口座の移動日も考えて)返済期日を選ぶなどをして予定を立てることが重要です。

 

返済期日と返済金額に関する注意点

返済は期日に間に合うのであればいつでも可能です。
ただし、次回の返済期日の何日前に払い込んだかで扱いが変わってしまうので要注意です。

 

返済期日よりも15日以上前に返済

随時返済という扱いになります。
随時返済とは毎月の決まった返済とは別に、追加での返済ということです。
この場合の支払い分は利息を差し引かれること無く、全額が元本の返済にあてられます。
通常の返済分とはみなされないので、次の期日にはきちんと支払わなければなりません。

 

返済日の14日前から前日に返済する場合

通常の期日に返済したことになります。
次回の返済期日にも変更はありません。

 

振込む曜日にも注意

土・日・祝日は金融機関の休業日なので、振込は翌営業日に行われたという扱いになります。
土日に振込んで月曜日が平日であればその日に、月曜日が祝日だった場合は翌日の火曜日ということです。