審査基準について

どのような人が対象でも審査基準は変わりません。

性別 雇用形態 国籍 職業

収入や属性によって借りられる金額は異なりますが正社員・専業主婦に関わらず審査基準が変わることはありません。

謳い文句に注意

借りやすさを強調しているカードローン会社は闇金融と考えていいでしょう。

「審査が甘い」という言葉は誘い文句の一つとして使われています。

審査基準が甘いカードローン会社はないと思いましょう。

銀行カードローンと消費者金融、どちらの審査が甘い?

一般に銀行カードローンの審査は厳しく、消費者金融では甘いといわれますが、審査基準は各社で決まっており、社外秘なので確かめることは不可能です。

 

総量規制が施行される前までは消費者金融の審査に誰でも通過することができました。

銀行は住宅ローン、突発的な出費などでお金が必要なときは消費者金融と申込先を分けている方がほとんどでした。

保証会社の審査が必須

審査回数は銀行カードローンでは2回、消費者金融は1回となっています。

審査を2回受けなければならないという意味で、銀行カードローンの審査は厳しいと考えられます。

 

しかし各社で基準には大きな差はないといわれています。

特別に審査基準が甘いカードローン会社はないでしょう。

銀行ローンの審査基準 消費者金融の審査基準
保証会社・社内の審査どちらも通過すること 社内の審査に通過すること
総量規制施行前
銀行カードローンで借入 消費者金融で借入
主に住宅ローンに利用されている
利用限度額が大きいが審査基準が厳しい
カードローンを問い扱っている銀行が少ない
専業主婦が融資を受けることが可能
限度額の増額審査基準が緩く、気軽に利用できた

総量規制施行後は消費者金融から融資を受けるにもしっかりとした審査が必要となりました。

また、銀行カードローンは積極的にカードローンサービスの宣伝をはじめました。

総量規制施行後
銀行カードローンで借入 消費者金融で借入
小口融資可能
専業主婦が借入可能
専業主婦の借入不可
借入限度額の上限が設定され、審査基準が厳しくなった

総量規制の施行後は消費者金融と銀行カードローンの審査基準に大差はないといわれています。

レディースローンでも同じ

女性専用のカードローンである「レディースローン」は受付担当が女性スタッフであるというだけで審査基準に特別変わりはありません。

レディースローンだからといって優遇されているわけではありません。

お金オススメのカードローン記事

「審査基準に関わる記事」を紹介します。