専業主婦でもカードローン申込みに収入証明書は必須?

収入証明書の提出が必要なケースとは?

借入希望金額によって収入証明書の提出を求められます。
どのくらいから必要かは各銀行で決められています

区分 カードローン名 収入証明書の提出が必要になる希望額
銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 100万円超
銀行カードローン 新生銀行カードローンレイク 100万円超
銀行カードローン 東京スター銀行カードローン 300万円超
銀行カードローン みずほ銀行カードローン MyWing 不要
銀行カードローン 楽天銀行カードローン 300万円超
銀行カードローン じぶん銀行カードローン 300万円超
銀行カードローン イオン銀行カードローン BIG 300万円超
銀行カードローン セブン銀行カードローン 不要
消費者金融 アコム 50万円超
消費者金融 プロミス 50万円超
消費者金融 モビット 50万円超
消費者金融 アイフル 50万円超
信販系カードローン オリエントコーポレーション(オリコ) 金額に関わらず必要
信販系カードローン クレディセゾン(セゾンカード) 50万円超(※50万円以下でも提出の可能性あり)

 

専業主婦に収入証明書の提出が不要な理由

専業主婦は銀行カードローンなら申込できますがほとんどのカードローン会社で限度額が30万円から50万円になっています。
本人に収入が無いことを考慮した低めの設定です。
銀行カードローンでは少なくとも100万円を超えて借入をする場合収入証明が必要であり、その金額まで借りることのできない専業主婦は収入証明書を用意する必要はありません

 

銀行カードローン 専業主婦が申込める最高限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 〜30万円
新生銀行カードローンレイク 〜30万円
東京スター銀行 希望金額の申請可

(専業主婦の限度額が設定なし。限度額は個人の審査結果による
他社比較で大幅に限度額が高いとは考えにくいので目安で30万〜50万円だと考えられる)

みずほ銀行カードローン MyWing 〜50万円
楽天銀行カードローン 〜50万円
じぶん銀行カードローン 〜30万円
イオン銀行カードローン BIG 〜50万円
セブン銀行カードローン 〜50万円

 

収入証明書があれば限度額を引き上げられる?

収入証明書を用意することができれば限度額を大きくできるのでしょうか?
結論から言うと、できません。
しかし、限度額の引き上げそのものが不可能だということではありません。
限度額内で借入をし、きちんと返していくことが信頼に値する実績を積む事になり、増額できる可能性があります。

 

限度額の増額のためのポイント
  • 定期的な利用と確実な返済で利用実績を積む
  • 延滞や遅延などをしない

 

ただし、限度額の増額は再審査の対象となります。
専業主婦の増額申請にも収入証明は不要ですが再度審査をすることになります。

 

多く借りるということは、毎月の返済額も大きくなるということ。
借りられる金額が大きくなったとしても。毎月の返済が負担になるような借り方は避けましょう。

 

収入証明に使えるものは何がある?

収入証明書というのは、前年度の年収を確認するための書類のこと。
主に以下のようなものが収入証明書にあたります。
給与明細で代用する事も可能です。
その場合、提出するときから3ヶ月以内のもので2、3ヶ月分が必要になります。
専業主婦ではそもそも証明する収入自体がありません
収入証明を発行しようとする場合は納税証明書(非課税証明書)になり、収入がないことの証明になります。

 

収入証明書となる書類名 どこでもらえるか
源泉徴収票 会社員やパート・アルバイトなどは年末もしくは翌1月に給与明細と共に支給

(紛失などの場合は申し出により再発行可)

住民税決定通知書

納税証明書
課税証明書(所得証明書)

居住の市役所や区役所で発行
確定申告書の控え 税務署で確定申告をしたときに発行

 

このページのポイント

  • 専業主婦のカードローン利用に収入証明は不要
  • 専業主婦には借入限度額が設定されている
  • 限度額をあげることは可能だが、収入証明は関係なく審査による